アースドリームとは

アースドリームとは

トンデンファーム角山農場として江別市角山に現在建設中のグリーンツーリズム施設(農作業体験施設等)の総称です。
いわゆる農作業体験などを中心に私たちの様々なイメージを体験していただける広大な牧場です。アースドリームではトンデンファームで培った経験を生かし、農業がどれだけ楽しく、どれだけ有意義で大切であるかを、多くの皆様に伝えていきたいと考えています。

次世代へのメッセージを形にして伝えていく、それをトンデンファームが実現していくものが「アースドリーム」ではないかと思っています。
難しいことを言っていますが基本は見て楽しい、作って楽しい、体験して楽しい、そして食べて美味しく、地域に根ざした遊び心を提案していきたいとの思いなのです。ゆったりとした時間の中でトンデンファームスタイルの集大成として皆様に愛される魅力あふれる農場づくりも目指したいと考えています。

アリゾナのインディアンの儀式 長い間、夏のアリゾナのインディアンの儀式に参加していますが、父なる天、母なる大地に感謝をするサン・ダンスにおいて大自然に敬意を払う彼らのスピリッツは、このアースドリームの理念と通じているものです。

インディアンの言葉に「7代先の子孫がどのように生きていくのか考えながら今の生活を考えなさい」とありますがこのことは、今の日本において本当に必要なことだと思います。

飼料のこと

食の安心と安全は最優先に取り組む事と考えていますから、アースドリームでは近隣の食品加工工場から
出る余剰材料をなどを原料に、微生物を利用した発酵サイレージの開発をすすめます。

養豚のこと

ブランド豚の開発は豚肉の品質の向上はもちろん、その後の商品開発や地域活性にも貢献できると考えています。肉や脂に旨みがある、とても優れた豚肉を目指します。

肉牛飼育のこと

トンデンファームでは現在、白老町に直営牧場を運営し、繁殖用黒毛和牛90頭を柱に、出荷一貫飼育をしています。
また豚、牛ともにバイオベッド方式による飼育を試験中で、豚・牛舎内に微生物を多く含むオガクズやモミガラを1メートル程の厚みで敷き詰め、豚や牛の排泄物も微生物の分解にて処理をして良質の堆肥として2次、3次利用を可能とします。
アースドリームにて飼育、生産された豚肉や牛肉は弊社ハム、ソーセージ等の原料として使用する他にも「江別和牛」の確立などブランド力の強化にも力を入れていきます。

野菜の栽培・園芸のこと

農業体験やガーデニングに関することも提案していく中で。
堆肥はもちろん牛や豚の排泄物から微生物の分解により自家製産したものを使用して、有機農法による野菜つくりを実践していきます。

ホーストレッキング(乗馬体験)のこと

アースドリームの魅力の中には体験型の牧場としても様々な動物たちとの触れ合いが楽しめるものを目指します。
特にホーストレッキングをメインに乗馬の素晴らしさを皆様に体験していただけます。中でもトレッキング用の中間種であるドサンコの生産、育成を進めて行きたいと考えていて北海道産の馬で、もっと乗馬を身近に感じながら楽しめるようなアースドリームトレッキングを提供いたします。